VOICOM3VOIce / VOIp COMputer / COMmunication

汎用小型VoIP装置 [VOICOM3]

VOICOMは
【VOIce/VOIp COMputer/COMmunication】
の略称で新協電子の商標登録製品です。
VOICOM3は3世代目の製品となります。
既存ローカルネットワーク内に接続することで音声通話、汎用接点入出力による遠隔制御、監視が可能です。
これまで、VoIP リモコンとして、防災行政、鉄道、消防無線等で使われてきたVOICOM のCPU、メモリ、ストレージ、LANコントローラ等、基本構成から全面的に見直し新たに開発したSA8EB-01組込ボードを採用した事により、処理速度の向上、音声性能の向上、タッチパネルLCDによるGUIでの操作などを実現しました。この高性能化により無線基地局装置内、操作卓等、お客様の多様な施設・機器に適用することが可能です。
音声処理ではソフトウェアCODEC(Opus)の採用により、従来方式(g.711μ-law)に比べ、高音質・高圧縮・低遅延化を実現しました。音声データのデジタル化が進む鉄道、タクシー、消防・救急などの移動無線用統制・基地局間を中継するアプローチ回線の接続装置として有効です。

装置の特長

本装置の各種設定及び接続先のIPアドレス設定はWebブラウザによるリモート設定、保守が可能です。

自由自在な組み合わせができる拡張性
LAN(100Base-TX/1000Base-T)、音声入出力(LINE入出力、MIC、ヘッドフォン)、拡張I/Oポート、USB、UART、SPI、I2C、 
タッチパネル対応LCD(TFT 4.3インチカラー WQVGA 480×272)、Wi-Fi、Bluetooth(BLE対応)、LoRa等があります。
継続性
ハードウエアの設計、製作、ソフトウエアのOS(Linux)構築、最適化、ブートローダ、ドライバに至るまで全て弊社で開発しています。
これにより部品廃止等による継続性が損なわれることはありません。
VOICOM3活用事例
・IP網を活用した構内放送
・無線装置のアプローチ回線
・Wi-Fi回線と有線LANの2重化通信
・遠隔外部装置制御(シリアル/接点)
接続装置VOICOM3使用イメージ
柔軟なカストマイズ
本装置は弊社開発の 組込みLinuxボード をベースに製作しています。
基板での提供、コネクタ類の変更、伝送方法の変更など柔軟に対応できます。
仕様変更、詳細についてのお問い合わせは こちら までお願いします。
カストマイズ

接点IF、音声IFをラック実装したカストマイズ例






● 画面はQt(キュート)を用いたフレキシブル設計

● 音源再生/伝送も可能

● アプリケーションのカストマイズも可能

● 基板のみの提供も可能





    ●ご要望に応じた構造変更        ラック実装/卓上 etc.

    ●インターフェースの変更、機能拡張   シリアル通信/IO増設



カストマイズ

タッチパネルIF、接点IF、音声IFを実装したカストマイズ例

VOICOM3 製品仕様

VOICOM3 製品仕様
基本仕様 電源電圧 / 電流 DC5V ACアダプタ付属 / 1.5A以下
動作環境 温度:-10℃~+60℃ / 湿度:10%~90%RH(結露なき事)
RoHS指令準拠 対応
音声仕様 入力仕様 コネクタ Φ3.5 ミニジャック
MIC 対応 コンデンサマイク -30dBm ~ -10dBm
LINE IN対応 600Ω バランスorアンバランス 0dBm
出力仕様 コネクタ Φ3.5 ミニジャック
ヘッドセット 対応 ステレオヘッドセット -20dBV ~ -10dBV
LINE OUT対応 600Ω バランスorアンバランス 0dBm
スピーカー出力 0.5W
圧縮方式 圧縮方式 ITU-T G.711 μ-law方式 / Opus 選択式
ITU-T G.711 μ-law方式 サンプリング周波数 標準8kHz(16kHz/24kHz/48kHz 選択可)
ビットレート 標準64kbit/s (128kbit/s、192kbit/s、384kbit/s 選択可)
Opus サンプリング周波数 48kHz固定
ビットレート 6kbit/s ~ 128kbit/s 可変式
通信 Wi-Fi IEEE 802.11b/g/n
有線LAN 10Base-T/100Base-TX/1000Base-T
液晶TFTタッチパネル サイズ 4.3インチ(サイズのカストマイズ可能)
タッチ方式 静電容量式