列車無線システム

列車無線システムは、鉄道の安全な運行を行うために運行管理本部と列車の運転手や車掌が連絡を取り合うための無線システムです。

 

本部と乗務員の音声通話のみならず、各装置の状態監視情報や運行管理のための車両情報を伝送し、確実でスムーズな情報通信が要求されます。

 

 

弊社では要求される機能、仕様に基づいた製品の提案、開発からシステム構築のサポートまで対応いたします。

列車無線システム

主な開発製品



指令操作盤

列車との音声通話及び非常系の制御監視、基地選択、保守制御等、列車無線システムの操作を行います。
音声、制御監視情報共にLANにて伝送を行います。

中央制御装置

列車無線システムの中枢を担い各装置の制御と状態監視を行います。
指令操作盤からの操作に従い系統切替や基地局選択行い、VOIP音声をデコードし無線機で送信された電波はROFを経由して各基地局まで伝送され送信されます。
車上からの無線は各基地局で受信され、VOIPエンコード後に光HUBにて中央制御装置に伝送、必要な基地局の音声が指令操作盤にLAN経由で伝送されます。

監視PC

中央制御装置からの監視情報を元に各機器の状態をビジュアル的に表示し、同時にロギング機能により変化情報をHDDに記録します。

無線基地局

路線地域内各地に点在し、各エリア内の列車との無線通信を行います。
中央制御装置とは光伝送にて接続されROFによる無線伝送にて送信を行います。
列車からの音声及び制御情報(DTMF及びFSK信号)を無線機にて受信します。
音声はVoIPにエンコードし制御情報はLANコマンドに変換、光HUBを経由して中央制御装置に伝送します。

車上局制御器

地上との音声通話制御と非常通報やデッドマンなど発報系の制御監視を行います。
非常発報やデッドマンなど列車の監視状態はDTMF信号及びFSK信号に変換され、音声に重畳してアナログ無線機より送信されます。

列車操作板

列車の乗務員が地上の指令所と通話を行います。
車内引き通し線のみを利用するため、各種制御監視情報はDTMF及びFSK信号に変換され車上局まで伝送されます。


※主な処理やキーワード

VoIP音声通話、ハンドセット、モニタースピーカ、タッチパネルLCD、LAN通信、RS232C通信、RS422通信
音声系統切替、自動基地局選択、無線機制御、ROF、RSSI
GUI制御、windowsアプリケーション、トーン制御、DTMF、FSK